当店のこだわり

 「イーワイビーンズ」の焙煎度の説明
 

店舗の紹介 6つのこだわり 直火焙煎機 焙煎手順の説明 焙煎度の説明 雑誌・テレビ関係

 
 コーヒー豆には、その種類によってそれぞれの持ち味、特徴があります。
 一般に、浅く煎った豆は酸味が強く、深く煎った豆は苦味が強くなる傾向があります。
 どのロースト段階でその豆が持っている味、個性を最大限に引き出すことができるか豆ごとに把握することが大切です。
 焙煎度は日本では下記の『8段階』に分けて表示されています。

焙煎度 特徴 主な用途
ライト・ロースト
Light Roast
もっとも浅い煎り方で、コク、香り、苦味がほとんどなく
渋味、酸味が目立ちます。
カップテスト用
シナモン・ロースト
Cinnamon Roast
浅煎りで、色はシナモン色で酸味のある
良質な豆に適しています。
アメリカンコーヒー
ミディアム・ロースト
Medium Roast
中煎りで、口当たりのやわらかな酸味で、
苦味もプラスされてきます。
アメリカンコーヒー
ブレンドコーヒー
ハイ・ロースト
Hight Roast
中深煎りで、酸味が抑えられ、その分苦味や
甘味が強く感じられます。
ストレートコーヒー
ブレンドコーヒー
シティ・ロースト
City Roast
中深煎りで、酸味より苦味のほうが強くなり、酸味、苦味の
バランスがよく日本人に好まれているローストです。
ストレートコーヒー
ブレンドコーヒー
フルシティ・ロースト
Full City Roast
深煎りで、酸味はほとんど感じられなくなり、
苦味が主体になりコクが出てきます。
ストレートコーヒー
フレンチ・ロースト
French Roast
深煎りで、苦味が強く、豆の表面に脂肪分が出てきます。 カフェ・オ・レ
ウインナー・コーヒー
アイスコーヒー
イタリアン・ロースト
Italian Roast
もっとも深い煎りかたで、強い苦味と濃厚なコクとなります。 エスプレッソ
カプチーノ

店舗の紹介 6つのこだわり 直火焙煎機 焙煎手順の説明 焙煎度の説明 雑誌・テレビ関係