コーヒーの淹れ方

 水、砂糖、ミルクについて
 

ドリップ式 サイフォン式 コーヒーレシピ その他各種コーヒー エスプレッソについて 水出しアイスコーヒー 水・砂糖・ミルク

コーヒーを淹れる水について

水には軟水と硬水があります。
日本の水道水や地下水はそのほとんどが軟水であるのに対し、ヨーロッパの場合は硬水がほとんどです。
コーヒーには軟水が適していますが、その水が汲みたてで空気が多く含まれていることが必要です。
つまり汲み置きした水や空気が含まれていないミネラルウォーターは、あまり適していないといえます。
コーヒーを入れて美味しいのは、加熱殺菌されていない自然水で、バランスのとれたコーヒーが作れます。
コーヒーには水から沸騰させたお湯を使用して下さい。
2度沸かしや長時間沸かしたお湯は絶対に避けましょう。

日本の水道水は世界的にみて、高水準ですがカルキ臭があります。カルキ臭は沸騰させることで
ある程度軽減できますが、活性炭の入ったろ過器を取り付けると更に軽減されます。

コーヒーに入れる砂糖について

一口に砂糖といっても種類はいろいろです。TPOにあわせて使い分けたいものです。
まず、グラニュー糖はコーヒーに溶けやすく、すっきりとした甘さで日常的に用いるのにぴったりです。
角砂糖は甘さの調節がしずらいのですが、形にかわいらしいものが多く、見た目も楽しめます。
喫茶店でよく見られるコーヒーシュガーは、徐々に溶けていくため、甘さが変化するのが特徴です。
黒糖や三盆糖といった個性の強い砂糖は向きません。


コーヒーに入れるミルクについて

コーヒーに合うミルクの条件として
  • コーヒーの風味を損なわないこと
  • コーヒーへの分散がよいこと
  • フェザリングをおこさないこと
  フェザリングとは、ミルクを加えた際に、コーヒーの熱と酸によってミルク中のたんぱく質が
   凝固する現象で、羽毛状のかたまりが浮くことでです。

  コーヒーの用のミルクとして大きく分けると次の4種類になります。
  1. 生クリーム…生乳から分離したクリームを均質化したもの
  2. 還元クリーム…バターと脱脂乳、バターと脱脂粉乳などを原料として、
  3. 生クリームと同様の成分比になるよう均質化しクリーム状にされたもの
  4. 合成クリーム…生クリームをベースに植物性脂肪などを加えたもの
  5. 無糖練乳(エバミルク)…生乳を濃縮し、缶に詰めた後加熱殺菌したもの

ドリップ式 サイフォン式 コーヒーレシピ その他各種コーヒー エスプレッソについて 水出しアイスコーヒー 水・砂糖・ミルク