東ティモール共和国国
地域 アジア
人口 79万人
首都 ディリ 言語 テトゥン語・ポルトガル語、実用語に、インドネシア語及び英語。
面積 14000平方km 通貨 米ドル
コーヒー生産量
(単位1000袋)
備考 農業が国内総生産の約1/4を占め、コメ、とうもろこし、イモ類、ココナッツの他、輸出用作物として特にコーヒーの栽培に力を注いでいる。石油・天然ガス(ティモール・ギャップ)が貴重な国家財源として期待されている。
コーヒー規格

品 名 品 種 在来品種
農 園 エルメラ県レテフォホ群 備 考 JAS認定有機(輸入時)
詳 細
赤いコーヒーの実を収穫 完熟した実だけを選別
果肉の除去作業 綺麗に精製されたパーチメント
欠点豆の手選別
完成!出港

<生産者情報>
生産者:集落の生産者グループ
所在:エルメラ県レテフォホ郡
標高:1600m
品種:ティピカ・ハイブリットティモール・カチモール
収穫:生産者による手摘み、収穫したチェリーから赤実を手選別
シェードツリー:ネム(幹が白い樹木、大きいものは10mくらいの高さになる。レテフォホの森林在来の樹)
ウェットミル工程:各生産者グループにて行う
1.果肉除去
2.48時間の発酵(水槽にて水に浸ける場合はフローターを除去)
3.「日中天日に干し→夜中取りこむ」を繰り返し、1週間程かけて水分値10.5%以下まで乾燥
4.仕上がったパーチメントはレテフォホの専用倉庫(標高約1,440m)にて保管
ドライミル工程:
1.ディリの業者に脱穀とスクリーン選別を依頼
2.PWJの倉庫にてハンドピックし梱包
認証:JAS有機(輸入時)
 
●品種について
現地では次の2通りの品種があると認識され呼ばれている。
1.アラビカ・・・在来系の品種と思われる。側枝は横に広がって幹と水平に伸びている。ブロンズ色の新芽。
2.モカ・・・ブルボン系?カチモール? アラビカより樹勢があり、比較的葉のつきも良い。
各農家いずれかが混在している。

イーワイビーンズでは、
   第三者機関による検査にて有機販売店の認定を受けておりません。
   ・当店は店舗も狭く、有機コーヒー専用焙煎機、有機専用ミル、
    等の置くスペースが無く兼用で使用しています。
   ・生豆の倉庫も非有機の生豆と分けて、有機の生豆を隔離して置くスペースが無く
    同じ倉庫に保管しています。

    以上の点で、当店では有機豆、非有機豆の焙煎機やミルは兼用、
    生豆倉庫も兼用の為、
    当店が焙煎販売する有機栽培コーヒーは
    100%完全な有機コーヒー
ではありません。




品 名 品 種 在来品種
農 園 レテフォホ群レブドゥ・レテン集落 備 考 販売終了
詳 細

【提供情報】

クロップ:2016
入港:2016年10月
輸送:ドライコンテナ
精製:ウォッシュト

品種:不明
パッケージ:30kg(GP)
 

<生産者情報>
生産者:レブドゥ・レテン集落の生産者グループ(11世帯23圃場)
所在:エルメラ県レテフォホ郡ドゥクライ村レブドゥ集落
標高:約1480m
圃場面積:14.0ha(レブドゥ・レテン生産グループ合計)
収穫期:6-9月
収穫:生産者による手摘み、収穫したチェリーから赤実を手選別
シェードツリー:ネム(幹が白い樹木、大きいものは10mくらいの高さになる。レテフォホの森林在来の樹)
ウェットミル工程:各生産者グループにて行う
1.果肉除去
2.48時間の発酵(水槽にて水に浸ける場合はフローターを除去)
3.「日中天日に干し→夜中取りこむ」を繰り返し、1週間程かけて水分値10.5%以下まで乾燥
4.仕上がったパーチメントはレテフォホの専用倉庫(標高約1,440m)にて保管
ドライミル工程:
1.ディリの業者に脱穀とスクリーン選別を依頼
2.PWJの倉庫にてハンドピックし梱包
その他:集落長のセレスティーノ・タヴァレス氏はレブドゥレテンの他にレブドゥクライク・ロダンといった集落も統括している。当グループはPWJの取り組みにも協力的で、熱心な生産者グループとして評価されている。
 
<品種について>
現地では次の2通りの品種があると認識され呼ばれている。
1.アラビカ・・・ティピカ系の品種と思われる。側枝は横に広がって幹と水平に伸びている。ブロンズ色の新芽。
2.モカ・・・ブルボン系?アラビカより樹勢があり、比較的葉のつきも良い。
各農家いずれかが混在している。



コーヒー生産国別 詳細
コロンビア グアテマラ ブラジル イエメン インドネシア
エチオピア コスタリカ ジャマイカ ハワイ ニューギニア
タンザニア ケニア ニカラグア 東ティモール